在宅患者への対応が可能な薬剤師の求人について

在宅への対応が出来る薬剤師求人に応募

通院が可能な患者さんへの対応は通常の場合ほとんど問題にならないです。
ほとんどの患者さんは通院で主治医の先生に診てもらってその後に処方箋を持って調剤薬局に来て処方する流れですし、院内処方の場合はそのまま病院内で薬を手渡しすれば終わりです。
こうした流れがある一方で最近は在宅で生活を送る患者さんが通院等が出来ない場合も多くなっていると実感しています。
そうした患者さんへの対応が出来る医師や医療機関そして薬剤師を求めるような求人が出されていて、時代は変わったなと思うばかりです。
在宅への対応が出来る薬剤師の求人として興味を持ったため応募してみたところ、あまり応募がなかったらしくすぐに面接に入りました。
面接では在宅患者への対応が主で薬局での処方はしないわけでは無いけれどもそちらへの対応は別の薬剤師がメインでしますが大丈夫ですか、と聞かれ元々在宅患者への対応を希望していたわけですから即答して採用が決まった次第です。
在宅患者さんへの対応で注意をしないといけないのは、介護保険との関係です。
介護保険の要介護度にはあまり関係が無いと言うことで珍しいサービスなのが居宅療養管理指導ですが、それでも他のサービスとのブッキングは困るということでケアマネジャーとの連携を密にするように上司には言われました。
ただその利用者の方がケアマネジャーとの連携をどう図っているのか分かりません。

【看護師必見!】 ナースでよかった!
良い求人多数掲載!!
【例】
35万円の支援金がもらえる!!
□ 年収500万円以上!
□ 年間休日120日以上!
□ 残業なし!

— 【絶対!】ナース・薬剤師転職求人情報 (@nusuyaku) 2018年2月12日

在宅への対応が出来る薬剤師求人に応募主治医の先生との連携が大事在宅患者さんへの対応力アップを目指す