在宅患者への対応が可能な薬剤師の求人について

在宅患者さんへの対応力アップを目指す

こうしたところも居宅療養管理指導の魅力だと思っています。
ただこうした思いを持つ人はあまりいないのかも知れません。
外に出て行くのは面倒だと思う人が大半でしょうし、患者さんを待ってその処方箋で調剤をやる方が楽だとは思います。
それでもこれからの薬剤師に求められるのはフットワークの軽さも必要ではないかと思うことも多いです。
少子化と高齢化で徐々にこの地域から人自体が少なくなって、医療機関への通院もままならないような患者さんも出てくるでしょう。
そうしたときに処方箋を持ってくるのをただ単に待っているだけでは先細りです。
薬局での面接ではこうした思いもあって求人に応募したことを告げると、その点では同感だったらしく在宅患者さんへの対応力のアップでこの地域での生き残りを図る考えだと言われました。
多くの調剤薬局が同じ地域内で競争していく中にあって、その調剤薬局とそれ以外のドラッグストアなどとの競争は激しさを増していることは知っています。
そのため調剤薬局で患者さんが来れば確実に収入になる場合でも、生き残っていくために努力をしているところで働きたいです。
その思いはこれからも同じように持ち続けていくことだと考えています。

在宅への対応が出来る薬剤師求人に応募主治医の先生との連携が大事在宅患者さんへの対応力アップを目指す