在宅患者への対応が可能な薬剤師の求人について

主治医の先生との連携が大事

在宅への対応が出来る薬剤師求人に応募主治医の先生との連携が大事在宅患者さんへの対応力アップを目指す

特にこの居宅療養管理指導から入っている場合は特にこの傾向が強いと感じることがあります。
ケアプラン等の確認もしないといけませんし他の在宅系サービスとの連携も必要になるものです。
できる限り各サービスの担当者とは話をしておくことは重要になるので、ケアマネジャーと話をします。
在宅療養で薬を決められたとおり服用しているかどうか、また飲み忘れや飲み過ぎなどのことが無いかどうかをチェックする仕事を主にしているところです。
薬があまりにも余っている場合は主治医の先生に相談をしないといけませんし、今後の処方する薬の量を考えてもらわないといけないのです。
この連携がとても大事でこの後の主治医からの治療に関わることがあるのでよく見るようにと事前に言われたりもします。
同じ患者さんが同じように飲み忘れていたりするので、注意しやすい面はありますが、それでもせっかく在宅へと赴くのですからこうしたところをしっかりとチェックすることで病気への対応を学べます。

| 薬剤師の転職・求人・募集:ツルハグループ 薬剤師キャリア採用